使用しているデッキについて

どうも、めずらです。
前回の自己紹介文に続いて、今回は自分が主に使用しているデッキについて紹介したいと思います。
内容は次の写真の通りです。
img_0063

ゴードン、シラユキ、ブリリアント、不知火アンデ等をいれたライトロードデッキとなっています。

ゴードンとライトロードによる墓地肥やしによるデッキ破壊が激しいので、デッキ枚数は48枚とやや多めに調整しています。
もちろん馬頭鬼は入ってます。

今回の制限改訂で光の援軍が制限解除、開闢やマスマティシャンといった相性の良さげなカードが緩和されたことにより、

デッキパワーが上がったと思いきや、Ω君が制限∈・^ミ┬┬~ ヒヒィーン
20150822184140

回るとΩ君連打ができるこのデッキにはやや辛いところです。
まぁ彼は先行ハンデスもできるは、墓地に仁王立ちが落ちてると絶対攻撃させないマンになるわと、畜生なので慈悲などありませんが。

理想的な初手は光の援軍、
card1003749_1
ソーラーエクスチェンジ、
card1002391_1
ブリリアントフュージョンあたりが手札にあることですね。
07012

特にブリリアントフュージョンと隠者かユニゾンがいれば
ブリリアント発動→ジェムとウォルフを墓地に落とす→隠者召喚からユニゾンビ→ユニゾンビが馬頭鬼落とす→

とこれだけで召喚権残したまま場にセラフィ、ユニゾンビレベル4、ウォルフと墓地に馬頭鬼と隠者がいるので、ユニゾンビのレベル上げてツィオルキンからクリスタルウイングだしたり、アーティファクトデュランダルで嫌がらせすることができます。
ライデンも入ればプレアデスも狙っていけますね。残りの召喚権か馬頭鬼を使えばとなりにランク4かシンクロレベル8が並びます。
馬頭鬼とグローアップ・バルブで絶対魔法殺すマンのナチュビも出せたりするので、決まった時の制圧力は中々です。
ライトロードは光の援軍やソラエクで落ちるカードによってやることが変わる運ゲー要素が大きいデッキなのですが、爆発力がありおもしろいデッキです。

このデッキの特徴として基本的に初手で魔法カードが1枚もない時や、相手が虚無空間やクリスティア等特殊召喚を封じるマンがいるとやばい顔になるので、

本当に破る手段がない時はおもむろにサレンダーしましょう(爆馬)

ライトロードは墓地発動のカードが増えるたびに取り込んでアップグレードしていくので個人的に好きなデッキです。
機会があればこれからも考察していきたいのでよろしくお願い申し上げます。

おすすめ記事

  • LINEで送る

コメントを残す


Menu

HOME

TOP