馬頭鬼とは

遊戯王を知っている方で知らない人はいないと思いますが念の為に、馬頭鬼とは次のカードのことを言います。

 

cropped-無題.png

効果モンスター(準制限カード)
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

 

強い。。。

 

単純に攻撃力だけ見れば微妙に下級アタッカーにやられるレベルではありますが、効果が凄い。

「墓地から自分を除外して、自分以外の墓地のアンデットモンスターを蘇生する。」

 

一見すると蘇生するだけやん、って思うかもしれないが、このアンデットモンスターというのに制限がないのがヤバイ。

レベル4以下とかの制限がないため、高レベルのシンクロモンスターでもなんでも生き返せちゃう。

もしアンデットワールド(フィールド、墓地のモンスターをすべてアンデット族にする)使用下なら実質なんでも生き返せる、すごい。

 

また1ターンに1度とかいう制限がないのが凄い。

①馬頭鬼を除外してアンデットモンスターを蘇生

②除外ゾーンから墓地に送るカード(異次元の埋葬等)

③①に戻る。

墓地さえ肥えてれば上記のようにして1ターンに何度でも蘇生できる、アドバンテージの塊。

アンデット族必携のカード、あまりに強すぎるのでさすがに制限くらってます。現在準制限。

馬頭鬼、そんな強いカードですが欠点もあります。

 

一つは闇属性じゃないこと。

アンデットは闇が多いので属性統一のシナジーをいかせない。「闇の誘惑」、「闇次元の解放」みたいな優秀なカードも使えない。

二つ目は墓地が肥えていないと使えないこと。

単体じゃ生きないので、墓地に自分以外のアンデット族を仕込む必要があります。

「マクロコスモス」のように墓地を封じるカードには完封される恐れがあるので対策が必要です。

三つ目はアンデット族にそこまで強力なカードがいないこと。

高レベルで強いモンスターがいればいいのですが、アンデットはそんな強いモンスターがいない。

というか馬頭鬼が強すぎて、KONAMIが出せないといった方が正しそう。

 

ただまぁ、この問題はエクシーズモンスターの充実によりそんな問題ではなくなりました。

 

とまぁ、欠点をあげましたがそれを補いまくる利点があるので問題なし。

こいつがいるから墓地肥し系のデッキが好きになっちゃうんだよね、困ったもんだ。

 

おすすめ記事

  • LINEで送る

コメントを残す


Menu

HOME

TOP